お知らせ

日々進化する日帰り手術と全身麻酔による1泊入院手術

~日帰り手術~
20年前まではおしりの手術は2週間から1カ月の入院が一般的でした。入院で行っていた主な理由は痛みと出血、術後創の管理が必要なためです。今こそ日帰りは一般的になりつつありますが当院では開院当初の17年前からすでにほぼ100%日帰り手術を行っております。この事が実現できたのは痛みを最小限にとどめる執刀医の技術と術後の患者さんに対して24時間体制でアフターフォローを行っているからです。勿論、決して簡単な手術ではありませんので患者さんの協力も不可欠です。努力の甲斐もあり、幸いこの17年間、1回の事故も起こさず診療を続けてこれた事は奇跡に近い結果であると言えます。今後もかわらずに技術の向上と患者さん本位の治療をめざしていきます。

~1泊2日の全身麻酔による手術~
日帰り手術と並行し全身麻酔による1泊入院手術も行っております。患者さんの術中の負担の軽減を第一の目的とするこの一泊入院手術はとても好評で、多くの方が受けられています。いずれの手術もそれぞれ適応があり、まずは受診して頂いて医師とよくご相談の上、手術を受けて頂きます。